ベルタ酵素の口コミは嘘ばっかり?本当のダイエット効果を暴露します


解説する白衣女性


「ベルタ酵素は副作用の危険性があるの?」なんて質問をよくもらいます。口に入れるものですから、安全性に疑問を抱くというのはとてもいいことだと思います。酵素ドリンクを試すのが今回が初めて、という方ならなおさらです。ベルタ酵素は野菜や野草、果物といった私たちが普段から食している食材を凝縮させただけのドリンクなので、基本的には副作用を心配する必要はないと言われています。でも、注意すべき点はいくつかあるので飲む前に確認しておきましょう。





プラセンタが配合されているので注意しましょう


ベルタ酵素は他の酵素ドリンクにない点として、美容成分が配合されているところが魅力になっています。その美容成分の一つに「プラセンタ」が配合されています。プラセンタはお肌にツヤ感や透明感を与えてくれると言われ、美容業界ではすごく注目され、美容系のサプリメントなどの主成分にもなる美容成分ですが、プラセンタが体質に合わないとニキビができてしまったりすることがあるかもしれません。私も以前、プラセンタサプリを飲んでニキビができたことがあるので、これは副作用ではないと思いますが、相性の問題としてちょっとだけ注意したいですね。その他、プラセンタには生理不順や蕁麻疹なども副作用として報告されています。





頭痛、ふらつき、だるさ、眠気は好転反応です


頭痛


口コミで「飲むと眠くなる」「私だけなのかもしれませんが頭痛になる」といった声をまれにみかけます。このような思わぬ症状は副作用ではなく、好転反応と言われるものです。風邪薬などの医薬品の副作用として“眠気”と書かれてあることがありますので、これらの症状を副作用と勘違いしがちですが、好転反応と副作用は全くの別物なんです。好転反応は読んで字の如く、好い方向へ転んでいる=いい方向へ向かっている、ということになりますので、むしろ体にはいい影響が出始めていると思ったほうがいいです。好転反応があらわれたときは激しい運動はせず、なるべく安静にしてあげることが大事です。





下痢もしくは便秘の症状が出る可能性がある?!


下痢,便秘


体の状態によって、また、大量に飲んでしまったりすると下痢っぽくなってしまうことがあります。ベルタ酵素はお通じの改善にもいいといわれていますが、下痢っぽくなってしまうのは予想外のことです。下痢は好転反応のひとつで副作用ではありませんので大きな心配はいりません。心配しすぎるあまり、お通じを改善させる便秘薬を服用したりすることのほうが実は危ないです。便秘薬は医薬品になりますので、腹痛や胃痛、嘔吐、吐き気などの副作用を引き起こす可能性があるからです。下痢とは反対に便秘になることもあると言われていますが、その時も同様に便秘薬は使わないほうがいいでしょう。





関連記事